ZOOMクラス

・スパイスと酒の研究室  主催 / 湘南蔦屋
【8月30日オンライン公開研究開催!】
「スパイスと酒の研究室」×「湘南料理塾」オンライン公開研究
■概要
スパイスと酒の新たな融合点を探求するユニット「スパイスと酒の研究室」が企画する、“公開研究”という名のワークショップ。ご参加いただいた皆様と一緒に研究を進めていきます。
今回はWEBミーティングアプリ「zoom」を利用した、初のオンライン開催。オンライン公開研究となる今回は、スパイス酒で使用している米焼酎「ねっか」の蒸留所がある福島県奥会津・只見町から生中継します。
南郷トマトやマトンをはじめとする現地食材とコラボしながら、参加者の皆様が入手しやすい食材を使ったスパイス料理のワークショップ(スパイス&レシピ付き)、スパイス酒の調合ワークショップ(スパイス&米焼酎「ねっか」付き)、さらには米焼酎「ねっか」蒸留所のリモート蔵見学も実施。スパイスを使う目的から焼酎造りのことまで、情報量満載の2時間半。ワークショップを終えた後は、参加者の皆様とのリモート食事会を開催。米焼酎「ねっか」の生産者さんたちも交えながら、楽しくも知識欲を刺激する時間をお届けします。
■開催日
2020年8月30日(日)12:00〜14:30
■参加料金
9900円(消費税・送料込)
■内容
⇨下記内容物を、参加者の皆様のご指定住所宛に事前にお届けします。※8月26日〜28日到着予定
・zoomIDの発行(※先行してご決済いただいたメールアドレスにお送りします)
・スパイス料理2種のレシピ(※先行してご決済いただいたメールアドレスにお送りします)
・料理2種に使用するスパイス
・米焼酎「ねっか」720ml×1本
・スパイス酒に使用するシナモン
・スパイス酒に使用するマサラチャイ
・300mlの空瓶×2本
※当日の調理ワークショップに使用するスパイス以外の「食材」は、事前に購入ください。
※スパイス酒の調合には、沸騰したお湯と小鍋が必要になります。
■参加方法
下記、決済サイトから詳細をご確認ください。
■共催/協力
湘南 蔦屋書店
ねっか奥会津蒸留所
■スパイスと酒の研究室
スパイスと酒の新たな接点を探求するユニット「スパイスと酒の研究室」。夜な夜な研究を続ける傍ら、公開研究という名のお客様参加型イベントを開催。季節のスパイス料理とお酒を提供しながら、研究員によるトークショウやワークショップを実施している。主任研究員はシャンカール・ノグチ(スパイスハンター)、梅澤豪(和酒総合研究室「富士虎」)、馬渕信彦(和酒総合研究室「富士虎」)、福田浩二(シェフ)の4名。

Please share this