今日もチャイを飲んでいる

マサラチャイのブレンドスパイスの量や少しづつ変えていくことを毎朝続け、はや25年、唯一毎日続けていることなのだ。スパイスを譲ってもらったり、情報を得て入手したら、とことん使い倒す。チャイに合うスパイスであればチャイ用で早速使用する。今はアマゾンカカオの太田さんとの出会いで、軽井沢で工房兼レストラン「LA CASA DI Tetsuo Ota 」を経営して、ペルーから輸入もしている。そのアマゾンの奥地から日本に届いたカカオで作るチャイを作り続けている。カカオで作るドリンクはあるので、紅茶とスパイスとカカオのドリンクも合うだろうと色々と試すのだ、組み合わせの面白さで満足感に浸ることができる。


アマゾンカカオマサラチャイ
アマゾンカカオ(パウダー)
アマゾンカカオニブ(クラッシュ)
セイロンシナモン(クラッシュ)
ケララクローブ(クラッシュ)
ケララグリーンカルダモン(クラッシュ)
中国南部スターアニス(クラッシュ)
ジンジャーチャイマサラ(パウダー)
アッサム茶葉(CTC)
三温糖

牛乳

モーニングチャイを幼い頃から飲んでるが、母が50歳ぐらいになってから作るチャイは煎じ薬のような濃さだった。漢方薬の生薬をそのまま煮出したような健康第一のチャイで、美味しいチャイというよりは身体のメンテナンスのチャイであった。そして母はあの煎じチャイを今も飲んで元気に過ごしている。身体の健康を考えて作ることもできるのがチャイなのである。スパイスには効能があるので、その効能を調べて、スパイスや紅茶を調合してくとメンテナンスチャイの出来上がりである。機会があれば、チャイクラスをしたいと思います。

話を戻して美味しいチャイの追求で出来上がった「アマゾンカカオマサラチャイ」を皆さんにも飲んで欲しいので、今年の秋ごろにスタート予定です。そして8月に限定発売を考えています。告知はこのサイトやTwitterで紹介するのでチェックしてください。
Twitter @SPICETOKYO1 、SPICE.TOKYO です。

Please share this

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です